たけし接骨院のご予約

メニューボタン 閉じるボタン

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の症状

痛みや歩行中のだるさやシビレで歩けなくなる症状など。

狭窄症

脊柱管狭窄症は背骨の中を走る神経が狭くなった脊柱管や椎間孔(神経の出口)に当たったり、圧迫される事によって痛みやシビレ、脱力感等の様々な症状が出現するものです。

中には歩行しているうちにだんだんと症状が現れて歩行が困難となり、休憩しなくてはならない状態になったりします、これを間欠性跛行と言います。

脊柱管狭窄症の病態

脊柱管狭窄症の症状は脊柱と呼ばれる神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて引き起こされるものです。

狭窄症

神経の通り道が狭くなる理由には様々なものがあり、ヘルニア、脊椎分離滑り、椎間板や骨の退行変性によってのものもありますが、アライメントの異常によっても狭窄されることがあります。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は骨や椎間板の退行変性が進んだ、高齢者に多いと一般的に言われていますがそれだけではありません。

腰痛(ぎっくり腰)

退行変性は長い期間をかけてなる事に変わりありませんが、高齢者の方全員が退行変性し狭窄症の症状がでているかと言えばそうではありません。

退行変性するということは、その部位に物理的な負荷がかかっている状態で年数を経過している事があります。

 

この物理的な負荷とは関節を構成する骨や軟部組織が退行変性してしまう直接的な原因となっておりそれは剪断力、圧力、牽引力と言ったものです。

これらの物理的な負荷は退行変性の原因でもありますが、それ以前にその部位の痛みや症状の原因になっている事や、アライメントの異常にも大きく関わっています。

脊柱管狭窄症はアライメント異常によっておこるものもある

上記に示したように、アライメント異常によって神経の通り道が狭くなっている場合、狭窄症の症状が現れる事があります。

狭窄症 

退行変性が進行した為に出ている狭窄症の症状は保存的に改善させることは難しくなります。

退行変性がまだ少なくアライメントの異常によって狭窄症の症状があらわれているものでは保存的に治癒させることが可能です。

多くの狭窄症の場合、まずはこのアライメントの異常から症状が出ている場合が多く、早期発見と的確な治療を早い段階で受ける事によって回復させることが可能です。

脊柱管狭窄症の治療

保存的に治療を行います。

その際、どのような物理的な負荷が患部にかかっているのかを把握する為に各種の検査を行います。

その原因のほとんどが患部にはありません。

ですから首や腰に対して施術するという事はほとんどありません。

 

本当の剪断力や圧力、牽引力などの負荷がかってしまう原因は他の部位や不良な動作にある事が殆どです。

 

本当の原因を探し明確にして、原因を改善させる治療を行います。

そうする事で剪断力や圧力と言った物理的な負荷がかからないような体にしていきます。

 

そうしてアライメントが改善されたときに、痛みの直接の原因となっている物理的な負荷を除去する事ができます。

  • たけし接骨院の検査

    症状等しっかり問診した後、体の状態を把握するため、各種検査を行います。

  • たけし接骨院の施術

    施術

  • たけし接骨院の検査と説明

    施術後、状態の説明と体がどれくらい改善したのかの確認、元に戻らないための説明を行います。

患者様の喜びの声

女性女性

姿勢矯正と筋肉ケアで今まで悩まされていた腰痛なくなりました。本当にありがとうございます!

女性女性

肩こり、腰痛も楽になり、体幹トレーニングもできて、健康な体になりました!根本から治療していただき、本当にありがとうございました。

20代女性20代女性

腰痛が楽になりました!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    痛んでる理由とかがわかりいやすいです!
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください

    はい。
    接客も技術もいいなと思うのでぜひ紹介したいです。

30代男性30代男性

1ヶ月で痛みがなくなりました。ものすごく感謝しています!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    どうしようもなかった腰の痛みがとれました。
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください

    はい。
    同じ痛みで悩んでいる人がいるのでぜひ紹介したいです!
  • まだここに来たことのない人のために、皆様の喜びの声をお願いします。

    最初からたけし接骨院にきていればよかったと思っています。

たけし接骨院の水之江健志 院長水之江 健志 院長

脊柱管狭窄症は高齢者に多い症状ですが、高齢だからというのは本当の理由ではありません。

脊柱管狭窄症は高齢の方がなる事が多い症状ですが、ただ単に高齢だからなるというのは本当の理由ではありません。

もし高齢だからという理由なら、高齢者全員が狭窄症の症状に悩まされることになりますが実際はそうではないはずです。

一番の原因は物理的な負荷が長期にわたり患部にかかる事。

脊柱管狭窄症の症状はこの物理的な負荷が長期間かかる事で年齢を重ねていくうちに、退行変性していった骨などの構造物が神経を圧迫する事で起こります。

退行変性が起こるという事はそこに負荷がかかっています。
それは物理的な剪断力や圧力、牽引力といったもの。

これらの物理的な負荷は退行変性を起こす以前に痛みの原因となっていたり、骨のアライメント異常を引き起こしたりしています。

 

初期の脊椎間狭窄症ではこのアライメント異常が狭窄症の症状を引き起こしている事が殆どです。

原因がはっきりとすればあとは簡単。
その物理的な負荷がかからない身体にしてばいいわけです。

もしかしたらあなたの狭窄症の症状は、まだ初期の段階のものかもしれません。

その初期段階に原因となっている物理的な負荷を除去する治療ができれば、狭窄症の症状をとる事が可能です。

 

もし、狭窄症と診断され、患部へのマッサージや腰の牽引、腰を丸める等の体操などを処方されている方は、その処方は物理的な負荷を除去するためのものではありませんから注意が必要です。

正しい処方はその場で何らかの改善の変化が体に現れます。
さらに治癒するのに半年も一年もかかるものではありません。

もし長期間治療を行っているのに改善が見られない方はその治療の内容を疑ってかかる必要があります。

治療に通っていても患部にかかる物理的負荷が除去されない場合、それが長期間になればなるほど退行変性は進みます。

 

もし長期間通院しているのに治っていない、脊柱管狭窄症と診断された方は当院にお越しください。

原因を明確にして、その物理的な負荷を除去し症状を取ります。

 

料金

10,000円(税別)→5,500円

10,000円(税別)→5,500円

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
名古屋市中区大須 たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00 たけし接骨院休診

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで