五十肩

五十肩の症状

腕が上がらない、日常生活に支障がおこる、腕が思うように動かないのはつらいものです。

五十肩の症状として、手が上がらない、就寝中に痛みで目が覚める、何もしなくても痛いときがある、上腕部までに痛みが広がる

五十肩の原因

アライメントに異常が起こり関節を固めてしまっています。

五十肩や四十肩の病名の由来は、五十代や四十代の方に多い症状だからです。ですから年を取ったからという印象が強い病態であるのが現状です。その考え方は全部が間違いではないのですが、そう言い切ってしまう事は他の原因を見過ごすことになるので、治癒を遅らせてしまいます。痛みがでるという事は、必ずそこに何かの負荷がかかっているからで、何も負荷がかからないところに自然と症状が出る事はありません。五十肩や四十肩の多くの場合、アライメント異常によって通常の関節運動が長期間行われず、関節やその周辺の軟部組織に衝突するようなストレスがかる非効率な関節運動となっています。当院では、身体がその状態が続いたとき関節が破壊されないように、関節を固めてそうさせない防御反応をしていると考えています。

当院の治療

腕が上がるのはこんなにも嬉しことなんだ!と実感していただきます。

肩に対しての直接の施術は少なく、肩を固めてしまう事になった原因の機能的でない関節運動を本来あるべき機能的動作ができるようにしていきます。そのために骨を本来あるべきアライメントに戻すため、骨盤矯正、筋肉矯正、ストレッチ、運動療法の処方、日常生活動作など多角的にとらえて、必要なものを処方していきます。アライメントを改善したあと、より機能的な関節運動を獲得するための反復や、強化を行っていきます。痛みがある部分に対しては高電圧治療機(ハイボルテージ)を用いて痛みの除去を促していきます。
  • 症状や状態を詳しく問診します

  • 施術

  • 施術

  • 施術後、元の体にもどらないように動作の仕方をご説明します

水之江健志 院長

年齢のせいだから仕方ないと諦めるのはまだ早いです!当院にお任せください。

接骨院業界では五十肩というと直接肩に対して施術を行ってしまう事が多いように思います。五十肩に限らず痛みのある部位に対して直接行う施術のほとんどは対症療法で、なぜそこに痛みや運動制限などの症状が現れたのかという事を追求しなくては根本的に改善する事はできません。以前来院された患者様に、『痛みのある部位はそこではないのですが?』と言われてしまったことがあります。今ではきちんと説明させてもらっていますから、そのように言われることはありませんが、業界的に痛みのある部位に対して施術を行う事が正しいとされているのですから、患者様がそう思われることも仕方のない事だと感じています。原因を明確にする事が症状をとるために必要で、多くの場合それは痛みの出ているところ以外にあります。しっかりと説明させていただきますね。

症状別施術

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで