尿モレ・尿失禁

尿モレ・尿失禁の症状

くしゃみをしたりお腹に力が入ると漏れてしまう。

尿モレ・尿失禁は、クシャミをした時、立ち上がるとき、しゃがんだ時など、ふとした瞬間に起こってしまう症状です

尿モレ・尿失禁の原因

筋収縮がうまくいかずに起こっています。

骨盤底筋群という骨盤の一番下にあるハンモック状になった筋肉で、尿道、肛門、膣などを閉める筋肉でもあり、腹圧を高めるためにも働く重要な筋肉です。この筋の筋力が低下していたり、筋力発揮できない骨アライメントになっていることで筋収縮がうまくいかずに起きる症状です。ポイントは単なる筋力の低下ではないという事で、筋力低下であればトレーニングを続ければよいですが、トレーニングをしなくても回復する場合もあることから筋力の弱化以外にも原因があります。筋力の発揮しやすいアライメントに戻してあげる事も重要です

当院の治療

筋力が発揮しやすい状態をつくり、外部環境に負けない身体へ。

"まずは骨アライメントを改善して、筋力発揮しやすい状態に持っていきます。それだけで回復する方もたくさんお見えになりますが、難しいのはその状態を維持する事です。アライメントを改善する事は簡単で、骨盤矯正、筋肉矯正、ストレッチなどを行っていけば問題ありません。大切なのはその後のアライメント異常が起こった原因を治していく事です。ADLの機能的動作分析を行って、その人に合わせたオーダーメイドの運動処方や、動作改善の方法を教えていき、日常生活の中で外部環境に負けない体づくりをしていきます。外部環境がどうしても無理な体勢を強いられるような時、アライメントが崩れやすいのですがその環境に負けない身体づくりを行っていけば大丈夫です。
"
  • 症状や状態を詳しく問診します

  • 施術

  • 施術

  • 施術後、元の体にもどらないように動作の仕方をご説明します

水之江健志 院長

大丈夫です!悩みを抱えているのはあなただけではありません。恥ずかしがらずに相談してください。

尿漏れや頻尿は特に女性が悩みを抱えている場合が多く、悩みも相談できなかったり、病院へ行ってもなかなか改善しないという方もいらっしゃいます。そのような方々は、インターネットで調べた骨盤底筋のトレーニングを実践したり、ジムに通ったりと頑張っていらっしゃるようですが、改善せずに来院されるケースが多いように思います。インターネットや病院、ジムなどで言われている事は局所しか見ていない事が殆どです。身体全体を観察する事が局所の症状を改善するのに必要という考え方が欠落しています。『 弱いから尿漏れや頻尿の症状が出るのだから、鍛える 』といった安易な考え方。そんな理由なら、専門で勉強していない方々も思いつくことで、それが正解ならこんなに困っている方が多いわけはありません。また本当に弱いのかどうかも疑問です、原因を明確にするには全体を観察して、評価をすることが必要不可欠です。骨盤底筋を鍛えなくても改善する例はたくさんあります。

症状別施術

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで