椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状

腰痛と言っても多くの病態があります。ヘルニアは日本人の2人に1人いると言われています。

椎間板ヘルニアと聞くと、多くの方が重度な状態を想像されるかもしれません。しかし日本人の2人に1人がヘルニアを持っていると言われていて、その中には症状が出ている方、出ていない方、ひどい方ひどくない方と多種多様です。症状としては、シビレ(足・臀部)、痛み、だるさ、脱力感、筋力低下、朝に症状が増強する、天気に左右される等。
これらの症状が単独で出る場合もあれば、複合して出てしまう場合もあり、人それぞれです。

椎間板ヘルニアの原因

重い物を持ち上げたときに痛めたり、中腰姿勢になった瞬間に、捻った瞬間に等がありますが、それはきっかけにすぎません。

見出しにある事はどれも腰に負担がかかりそうな事ばかりで、よく皆さんが来院されたときに言われる事です。多くの方がそのように言われるのは私達治療家がそのように説明をしてきているからだと思います。でもそれはきっかけにすぎず、本当の原因はそこではありません。そうでなければ、見出しにあるような事をした人全員がヘルニアになっているという事になります。ヘルニアになるきっかけが訪れるもっと前からそうなってしまう状態が体にあったという事です。それは一言でいうと椎間板の内圧が高くなっている状態です。
椎間板の内圧が高くなると言われてもピンと来ないかもしれませんが、身体のバランスが悪くなっている場合に内圧が高くなります。
バランスが悪い状態とは多くの場合、立位の時に踵に重心があり、正しい重心が保てている健康な人と比べ、腰や首に余計な力が入っている事が分かるかと思います。

そうすると背骨と背骨が引っ張り合う力が強くなるので、椎間板の内圧が高くなります。
内圧が高くなければ、どの方向に動いても大丈夫なのですが、内圧が高いと背骨に動きが加わった時には余計に内圧が高くなるため、逃げ場を失った内部の髄核が椎間板の外へと脱出します。

椎間板ヘルニアの治療

ヘルニアに対する治療とヘルニアになってしまった原因を改善する治療の両方が必要です。

椎間板ヘルニアは椎間板が後方へ脱出してしまい、神経に接触する事ででてしまう症状です。ですから対症療法として、脱出した椎間板をもとに戻すような物理的な力を患部にかけたいところです。OPEをする際にはこの脱出した部分を切除やレーザーで焼くなどして除去します。保存的に治療する際には、これをひっこめるような力をかける前に、まず内圧を低めるように体全体のバランスを整え、腰部や頚部に力が入ってしわないようにします。これによって椎間板の内圧が低くなるので、ここで初めて脱出した部分をひっこめるための物理的な刺激を入れていきます。これにより、神経に接触している部分が解放されると症状は一気にでなくなります。内圧が高くなってしまっている原因は人によって様々で、その原因を探るためにはさらに多角的に掘り下げて全身的に身体をみていく必要があります。

  • 問診:症状、症状が出る時期、症状の範囲、いつから症状が出始めたのかなどを詳しく聞き取りしていきます。どんな些細な事でも大丈夫ですので詳しくお伝えください。

  • 検査:各種検査とはまずヘルニアになってしまった原因であるバランスの検査、筋力検査を行います。その後にヘルニア特有の症状がでているかどうかの神経症状の検査を行います。

  • 状態と治療計画の説明:施術前にも検査によって明確になった体の状態を説明し、治療計画をお伝えしていきます。

  • 施術:そのうえで、初めて施術を行います。施術は根本原因を改善するものと、必要に応じてヘルニアの症状を除去するための対症療法を行います。

  • 検査と説明:施術後に身体の状態がどのように改善しているかを検査します。体感型の検査のため、患者様自身でも体がどう変化したのかが分かります。そうやってご自分の身体の状態に詳しくなって頂く事で治癒を早め、再発を防げるようになっていっていただきます。今後の治療の進め方や、日常生活で注意する事、行ってほしい運動療法についてがメインになります。再発しないためにも一番重要と言ってもいい部分です。

患者様の喜びの声

20代女性

腰痛が楽になりました!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    痛んでる理由とかがわかりいやすいです!
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください

    はい。
    接客も技術もいいなと思うのでぜひ紹介したいです。

30代男性

1ヶ月で痛みがなくなりました。ものすごく感謝しています!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    どうしようもなかった腰の痛みがとれました。
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください

    はい。
    同じ痛みで悩んでいる人がいるのでぜひ紹介したいです!
  • まだここに来たことのない人のために、皆様の喜びの声をお願いします。

    最初からたけし接骨院にきていればよかったと思っています。

水之江 健志 院長

椎間板ヘルニアと聞くと、かなりひどいというイメージがあるかもしれませんがOpeなしでも十分に改善する事ができる程度のものが殆どです。

椎間板ヘルニアは頚部、腰部で起こるものです。原因は椎間板の内圧が高くなってしまうということが一番です。
内圧が高くなってしまうのは背骨についている筋肉が過剰に収縮してしまい、背骨と背骨を引き合う力で内圧が高まります。内圧が高まった状態で動作をすると更に内圧が高くなり、逃げ場を失った椎間板内部の髄核が外へ脱出してしまうものです。根本的に症状をとるにはこの高い内圧を下げる事、対照的には出てしまった髄核を内方へと押し戻す物理的な力を患部に加えてあげる事になります。
私自身もヘルニアがあり、つらさを良く知っています。適切な処置で十分に改善されるものでも早いに越したことはありません。

ヘルニア自体は一度なると治らないと言われていますが、適切な処置をすれば症状が全くでないようにできます。
ヘルニアの症状の改善は、安心してお任せください。

料金
※特定の症状に関して、料金が異なります。

症状別施術

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで