たけし接骨院のご予約

メニューボタン 閉じるボタン

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで辛い痛みに悩まされていませんか?

首痛、腰痛と言っても多くの病態があり、その一つに椎間板ヘルニアによる痛みがあります。日本人の2人に1人にヘルニアの症状があると言われています。

ヘルニアが辛い

椎間板ヘルニアと聞くと、多くの方が重度な状態を想像されるかもしれません。しかし日本人の2人に1人がヘルニアを持っていると言われていて、その中には症状が出ている方、出ていない方、ひどい方ひどくない方と多種多様です。

 

症状としては、シビレ(足・臀部)、痛み、だるさ、脱力感、筋力低下、朝に症状が増強する、天気に左右される等。これらの症状が単独で出る場合もあれば、複合して出てしまう場合もあり、人それぞれです。

椎間板ヘルニアの原因

重い物を持ち上げたときに痛めたり、中腰姿勢になった瞬間に、捻った瞬間に等がありますが、それはきっかけにすぎません。

椎間板ヘルニア

見出しにある事はどれも腰に負担がかかりそうな事ばかりで、よく皆さんが来院されたときに言われる事です。多くの方がそのように言われるのは私達治療家がそのように説明をしてきているからだと思います。

 

でもそれはきっかけにすぎず、本当の原因はそこではありません。そうでなければ、見出しにあるような事をした人全員がヘルニアになっているという事になります。ヘルニアになるきっかけが訪れるもっと前からそうなってしまう状態が体にあったという事です。それは一言でいうと椎間板の内圧が高くなっている状態です。

 

椎間板の内圧が高くなると言われてもピンと来ないかもしれませんが、身体のバランスが悪くなっている場合に内圧が高くなります。バランスが悪い状態とは多くの場合、立位の時に踵に重心があり、正しい重心が保てている健康な人と比べ、腰や首に余計な力が入っている事が分かるかと思います。

 

そうすると背骨と背骨が引っ張り合う力が強くなるので、椎間板の内圧が高くなります。内圧が高くなければ、どの方向に動いても大丈夫なのですが、内圧が高いと背骨に動きが加わった時には余計に内圧が高くなるため、逃げ場を失った内部の髄核が椎間板の外へと脱出します。

椎間板ヘルニアに対する間違った治療

首の牽引、腰部の牽引の治療はあまり効果が期待できない

椎間板ヘルニアと診断されて、首の牽引や腰部の牽引の治療を受けた事がある方もいらっしゃるかと思います。当院に転院してこられる患者様の中には医療機関で牽引治療を受けたことがあるとおっしゃる方もおられます。

 

この考えた方は、椎間板の内圧を低くしたり、頚部や腰部周囲の筋肉群のストレッチという事を目的としています。確かにこの牽引によって、それらの事は達成されるかもしれません牽引をしている間は。

 

ただしなぜ筋収縮が起こり、椎間板の内圧が高くなったのかという所に対しての治療ではない為、牽引が終了するとまた筋収縮がおこり内圧が高くなるでしょう。

 

椎間板ヘルニアの治療

ヘルニアに対する治療とヘルニアになってしまった原因を改善する治療の両方が必要です。

たけし接骨院の施術

椎間板ヘルニアは椎間板が後方へ脱出してしまい、神経に接触する事ででてしまう症状です。ですから対症療法として、脱出した椎間板をもとに戻すような物理的な力を患部にかけたいところです。オペをする際にはこの脱出した部分を切除やレーザーで焼くなどして除去します。

 

保存的に治療する際には、これをひっこめるような力をかける前に、まず内圧を低めるように体全体のバランスを整え、腰部や頚部に力が入ってしまわないようにします。これによって椎間板の内圧が低くなるので、ここで初めて脱出した部分をひっこめるための物理的な刺激を入れていきます。そうして神経に接触している部分が解放されると症状は一気にでなくなります。

 

内圧が高くなってしまっている原因は人によって様々で、その原因を探るためにはさらに多角的に掘り下げて全身的に身体をみていく必要があります。

病院や整形外科に行く前にたけし治療院に来てほしい理由

整形外科に行く前に来て欲しい

たけし接骨院に来院された患者様がよく言われることは、病院や整形外科に行ってしてもらったのはレントゲンを撮り診断を受け、その画像をみて異常がなければ痛みがあっても異常なしとされ、何もしてくれないということです。もし治療として何かされるとしてもほとんどの場合が湿布薬などの痛み止めの処方や、よくてリハビリ室でのマッサージや物理療法(腰や首の牽引、低周波治療、超音波治療など)などの対症療法で原因治療ではありません。

 

確かに保存的な治療ではどうにもならないくらいひどいもの、辛すぎる症状を早く改善したいとき、損傷した部位を外科的に修復するなど患部に対する処置は西洋医学の効果は素晴らしいと思います。それはヘルニア手術、内視鏡手術、靭帯再建術などでそれは私たちにはできない事。でもそれは最終手段として、どうしようもなくなった時の選択肢としてとっておいてもいいのではないかと思います。

 

なぜそんな風に思うのか?それは今まで病院や整形外科で手術しかないと言われたけど、手術が嫌だとおっしゃられて、たけし接骨院に通院された患者様の中には手術をしなくて済んだ方がたくさんおられたからです。

 

膝の痛み、腰痛(ヘルニア)、首の痛み、腱鞘炎など様々な痛みの方が来院され手術を勧められたという患者様のその症状をみると、痛みはひどいし長く痛かったかもしれないけれど、手術をしなくても十分に治るレベルのものまで手術を勧められているケースがたくさんあります。その病院の先生の方針なのか、点数稼ぎなのかはわかりません。でもそう思えてしまうくらい簡単に保存的に治せてしまうような症状まで手術を勧められている事が多々あります。

 

たけし接骨院では原因治療を行っています。原因を直せば、痛みは消失します。原因が治っていない場合、いくら手術をしても再び痛みが出てしまうでしょう。まずは原因が何なのかを明確にして、原因を治療していく事をお勧めします。

他の治療院やカイロプラクティックとの違い

整体やカイロプラクティックとの違い

多くのカイロプラクティックや整体で行われている事としてよく聞く事は施術です。これもたけし接骨院に転院されてきた患者様から聞いたことです。

 

たけし接骨院に通院される患者様には、痛みの原因、メカニズム、体の現状を検査を通じて分かったことを説明していきます。これは患者様がご自分の身体の状態、痛みのメカニズムや原因について詳しく知っておくことが早い治癒と再発防止につながると考えているからです。カイロや整体では施術メインでするところが多いようで、こうした説明がない事が多いそうです。施術をうけてその時は楽になっても、どうして痛みが出てしまったのかを把握していない患者様は、日常生活の中で再び知らないうちに痛みの原因となることを繰り返してしまうでしょう。

 

またその原因が不良な動作にある場合、たけし接骨院では細かくその動作を観察して動作を改善指導する事まで行います。ほぼ全員と言っていいくらいの患者様が、その指導をうけて自分の身体の原因が改善されることを実感されますし、こんな説明を受けたことがないと言われます。他のカイロや整体、接骨院と違う所とはその部分かもしれません。

たけし接骨院の治療の流れ

  • たけし接骨院の問診

    問診:症状、症状が出る時期、症状の範囲、いつから症状が出始めたのかなどを詳しく聞き取りしていきます。どんな些細な事でも大丈夫ですので詳しくお伝えください。

  • たけし接骨院の検査

    検査:各種検査とはまずヘルニアになってしまった原因であるバランスの検査、筋力検査を行います。その後にヘルニア特有の症状がでているかどうかの神経症状の検査を行います。

  • たけし接骨院の説明

    状態と治療計画の説明:施術前にも検査によって明確になった体の状態を説明し、治療計画をお伝えしていきます。

  • たけし接骨院の治療

    施術:そのうえで、初めて施術を行います。施術は根本原因を改善するものと、必要に応じてヘルニアの症状を除去するための対症療法を行います。

  • たけし接骨院の検査と説明

    検査と説明:施術後に身体の状態がどのように改善しているかを検査します。体感型の検査のため、患者様自身でも体がどう変化したのかが分かります。そうやってご自分の身体の状態に詳しくなって頂く事で治癒を早め、再発を防げるようになっていっていただきます。今後の治療の進め方や、日常生活で注意する事、行ってほしい運動療法についてがメインになります。再発しないためにも一番重要と言ってもいい部分です。

  • たけし接骨院のヘルニアの掲載本

    当院のヘルニア、狭窄症に対する技術が認められました。

  • たけし接骨院の掲載本

    当院の治療技術が認められ、掲載されました。

  • プロアスリートにも選ばれる接骨院

    確かな技術により身体が資本であるプロアスリートからも認められ、足繁く通っていただける接骨院です。

  • たけし接骨院予約

    【ご予約方法】

    身体の痛みに悩まれている方は、お気軽にお電話かWebフォームからご予約ください。電話対応専用の受付スタッフが在中しておりますので、お待たせすることがありませんし、電話でしっかり対応させていただきますので、ご安心ください

     

    また、時間外でもWebフォームで、所用時間1分ほどで予約できます。定休日や時間外の時はWebフォームでご予約ください。
    →ご予約Webフォーム

患者様の喜びの声

腰部椎間板ヘルニアYUYA 40代男性

右足のおしりからつま先までのシビレ

  • たけし接骨院に通院する前と現在の状況を教えてください^^

    右足のおしりからつま先までシビレる事があり、もう治す事ができないと思ってました。

    満足度:5

    半信半疑でたけし接骨院を紹介して頂き、通ってみましたがわかりやすくリハビリの内容を教えて頂き、実践する事で良くなっていくのが実感できました。今では気にならなくなるまでになりました、ありがとうございます。

 

 

 

女性女性

姿勢矯正と筋肉ケアで今まで悩まされていた腰痛なくなりました。本当にありがとうございます!

女性女性

肩こり、腰痛も楽になり、体幹トレーニングもできて、健康な体になりました!根本から治療していただき、本当にありがとうございました。

20代女性20代女性

腰痛が楽になりました!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    痛んでる理由とかがわかりいやすいです!
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください

    はい。
    接客も技術もいいなと思うのでぜひ紹介したいです。

たけし接骨院院長 水之江水之江 健志 院長

椎間板ヘルニアと聞くと、かなりひどいというイメージがあるかもしれませんがオペなしでも十分に改善する事ができる程度のものがほとんどです。

椎間板ヘルニアは頚部、腰部で起こるものです。原因は椎間板の内圧が高くなってしまうということが一番です。内圧が高くなってしまうのは背骨についている筋肉が過剰に収縮してしまい、背骨と背骨を引き合う力で椎間板の内圧が高まります。内圧が高まった状態で動作をすると更に内圧が高くなり、逃げ場を失った椎間板内部の髄核が外へ脱出してしまうものです。

 

根本的に症状をとるにはこの高い内圧を下げる事、対症療法では出てしまった髄核を内方へと押し戻す物理的な力を患部に加えてあげる事になります。私自身もヘルニアがあり、つらさを良く知っています。適切な処置で十分に改善されるものでそれは早いに越したことはありません。

 

ヘルニア自体は一度なると治らないと言われていますが、適切な処置をすれば症状が全くでないようにできます。症状を消失するまでもっていこうと思ったとき、まずは患者様自身がその原因を明確に把握する事が必要です。ヘルニアになるメカニズムは上記に記載した通りですが、なぜ過剰な筋収縮が起こっていたのかは患者様が普段生活している中での偏った日常生活動作が原因です。

 

その偏った動作を続けていたことで、使う筋肉は強くなり、使わない筋肉は弱くなるというようなバランスの崩れが起こります。それらのことが椎間板に過剰な負荷を加え、構造が破壊されるまでになってしまったという事です。そうなるまでの負荷をかけてしまっていたという事をまず把握して、その原因となっている日常生活動作を改善していったり、バランスの崩れを治すために弱化した筋肉を強化するためのリハビリを徹底して実践するという事が必要です。

 

治療で症状は改善する事はできますが、病態の原因までを治すことはできません。根本的に治すとは、ヘルニアの原因までを治すことだと考えています。そのためには、治療、日常生活動作の改善、リハビリで筋力強化をする事が必要です。もし本当にヘルニアの症状を取り去りたいとお考えならば、上記の事を踏まえ徹底的に実行していく覚悟が必要です。私たちも一緒に患者様とヘルニアの完治に全力を尽くしますので、あきらめず一緒に頑張っていきましょう。

 

料金
※特定の症状に関して、料金が異なります。

7,560円(税込)-> 2,980円(税込)

7,560円(税込)-> 2,980円(税込)

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
名古屋市中区大須 たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30-20:00

※たけし接骨院は、年中無休で営業します。(年末年始を除く)