ファスティング

ファスティングについて

ダイエット目的だけでなく体内をキレイにすることで大きな健康効果が期待できます。

ひと昔流行ったファスティングですが、知れば知るほどすその必要性を感じる事になるかと思います。ファスティングというと食べないので『 痩せる 』というイメージで言われる方が多いですが、それが一番の目的ではありません。確かに食べないので痩せますが、一番の目的は身体から悪いものを出し、体質をよくする事です。そしてもう一つの悪いイメージとして『 お腹がすいてツライ 』です。 これについては結論から言うと正しく行えばつらくありません。正しいファスティングとは必要最低限のバランスの良い栄養素と水をとりながら行います。そうすることで消化吸収のために使われていたエネルギーを代謝するエネルギーに向けられるために内臓が元気になり、体の脂肪組織にたまった悪いものを体の外に排出するために活発に働いてくれるようになるためデトックス効果が高くなるというものです。よく体のためにいいものを食べると言いますが、今まで間違った食事をしている場合、悪いものが体の中に溜まっている状態ですから、その状態から良いものを食べたとしても体質は変わりません。体質をかえるためにはまずファスティングをして悪いものを外に出す必要があるという事です。そうする事で体質を改善することができるし、それができたときには今まで我慢できなかったジャンクな食べ物も口にしたいと思わなくなり良いスパイラルへと移行しやすいです。また痩せたいと思われている方にとっては、その後の痩身が楽に感じられる事でしょう。

ファスティングの注意点

ファスティング終了後にいきなり普通の食事に戻すことはとても危険です!

ファスティングを行った後の食事が重要です。せっかく体質を改善できてもその後の食事が悪いものだと、意味がないものになってしまうばかりか逆に体調を崩してしまう事もあるほど。食事の基本は『 ま・ご・わ・や・さ・し・い 』ご飯です。まは豆、ごはゴマ、わはわかめ、海藻類、やは野菜、さは魚、しはシイタケキノコ、いは芋です。日本人は昔からこの食事をしていますから、現在のような欧米食は体に合っていません。欧米食は高カロリー、高たんぱく、高脂肪食。特に動物性たんぱく質をとる機会が多くなっています。日本人は昔から穀物をとる文化だったため、体が穀物を消化吸収する作りになっています。皆さんも聞いた事があるかもしれませんが、日本人が欧米人よりも胴長短足なのは腸が欧米人よりも1メートル長いからです。腸が長いのは、穀物を消化吸収するのには時間がかかるためだそうです。お肉は消化吸収が早くかすになるのも早いため、日本人の場合はかすになった状態で腸の中に長時間あり続けます。その際に体にとって良くない毒素を腸管内で出し続けます。このように今日本で食されている欧米食は知れば知るほど日本人の体には合っていないことが分かります。接骨院といえば筋肉や骨格に対して治療を行っていくというイメージですが、筋骨格系を作っているのは日ごろ口にする食べ物です。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、油など。その中には体の中では作る事ができないものもあるために必ず食事からとる必要があるものや、体の中で作る事ができても、そのための材料となるものをしっかり食べる必要があります。日本人の体に合った必要なものを必要な量、しかもバランスよくとるようにする事はよい体つくりには欠かせません。。

当院の改善アプローチ

食事で栄養を取るのが難しい場合にはサプリメントもおすすめです。

身体に必要な栄養素は食べ物からとる事が必要ですが、現状はそれも難しくなってきているそうです。痩せた土地からとれる農作物には昔とくらべると栄養素が少なくなっているそうです。また高ストレス社会の今、体を健康に保つため、ストレスに打ち勝つためにたくさんのビタミンやミネラルが消費されることが分かっています。また食事もバランスを考えて取れない場合は足りない分を補う事が必要ですが、お酒をよく飲む方、たばこを吸う方も飲まない吸わない方に比べて、ビタミンやミネラルを多く必要となります。ただサプリメントを取ればいいというわけでなく、サプリメントに対しても質が重要になってきます。市販されているサプリメントに多いのが消化吸収されずに排泄されてしまうという事です。ビタミン剤を飲んだ後おしっこが黄色いという経験をしたことがないでしょうか?これは吸収されずに排泄されている証拠です。質の良いサプリメントは消化吸収がよく、おしっこが黄色くなったりしません。サプリメントについても当院で質の良い吸収率の高いものをそろえていますので、ご相談ください。
  • 症状や状態を詳しく問診します

  • 施術

  • 施術

  • 施術後、元の体にもどらないように動作の仕方をご説明します

水之江健志 院長

偏った食生活はさまざまな身体の不調を引き起こす原因にもなります。正しい食生活で心身ともに健康な身体づくりをしていきましょう。

接骨院といえば筋骨格系に対してのアプローチで体を良い方向へと向かわせるイメージが強いと思います。でもそれは一部の人にはそれだけで良くても、全員に共通して効果があるのかと言えば、そうでない場合もあるという経験をしてきました。どんなに動作分析評価を行って改善をしていってもらっても、施術を行っても、ある一定のところまでは改善しても、そこから一向に改善しないという事がしばしばありました。そんな時にその患者様の食生活をお聞きすると、相当な乱れがあったということがあります。偏食、お酒、たばこ・・・・誰が聞いてもバランスが悪すぎるという食生活を送っている人もいました。身体に現れる症状は、信号です。なにか身体にとって悪い事があるとお知らせをしてくれるようになっているわけです。原因がないのになにかが起こるわけはありませんから、この信号を受け止め、向き合う事が必要です。症状を痛み止めや安静にするなどでごまかしたりせずに、原因をみつけ原因から改善していく事が必要です。体の外面と内面両方からアプローチして、良い方向に向かわせる事が本当の意味で原因から改善していく事につながるという考えのもと、少しマニアックかと思えるようなことも必要と患者様にはご説明させていただいています。

症状別施術

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで