腱鞘炎

腱鞘炎の症状

動かすと痛い!慢性的な手足や肘の痛み。

腱鞘炎の症状としては、物を持つと痛い、痛すぎて前腕が腫れている、親指を握ると痛い、手首の親指側が痛い、仕事でよく手を使うのでなかなか痛みが引かないなどがあります。

腱鞘炎の原因

”手をよく使うから”腱鞘炎になるわけではありません。

よく言われているのが、『手をよく使うから』という理由です。直接の原因は?と聞かれたらそうかもしれません、使わないようにすれば痛くないわけですから。でもそれが本当の原因なのか?と聞かれればはっきりと『NO!』です。もし手をよく使うからという理由だとすれば、手を使う仕事をされている人全員が腱鞘炎になってしまいます。実際はそうなっていないのではないでしょうか?ものすごく、手を使うお仕事をされている人でも腱鞘炎になっていない人はたくさんいます。原因は一つとは限らず、栄養面の事も見逃せませんが多くの症状の出ている方に一致している事は、骨アライメント異常による腱の走行の異常です。スムーズに腱鞘の中を腱が移動していない事が私のこれまでの臨床の経験上一番の原因になっているように思います。

当院の治療

腱鞘炎に悩まされない生活をお約束します。

腱鞘炎に限らず、多くの痛み、運動制限、違和感などの症状は骨アライメント異常によって、機能的動作を妨げられておこると考えています。全てが当てはまるとはもちろん考えていませんが、私の経験上多くの場合にこの考え方が当てはまっているように思います。他にも栄養面の問題で身体が炎症状態になっている場合には症状が出やすかったり、症状が治まりづらいなども考えられますから、多角的に診ていく事が必要ですが骨アライメント異常で機能的動作が改善されたときに症状が回復に向かう事が殆どです。ですから当院の治療は非常にシンプルでアライメント異常を改善し機能的動作を獲得させるための施術や処方を行っていきます。

  • 症状や状態を詳しく問診します

  • 施術

  • 施術

  • 施術後、元の体にもどらないように動作の仕方をご説明します

水之江健志 院長

長年改善されなかった方も安心してください!当院では痛みを根本から治療し患者様の笑顔を取り戻していきます。

当院で行っている事は非常にシンプルです。機能的動作を手に入れる事とその人に見合った筋力を身につけさせる事です。だからといって症状の出ている部位の関節運動やトレーニングを行うことでは決してありません。多くの施術者やトレーナーが症状が出ている部位に対してアプローチしてしまっていますが多くの場合、症状が出ている部位には問題はありません。症状の出ている部位に負荷がかかってしまっているのには、他の部位に原因があります。ですから身体全体を見て、アライメントを改善し、機能的動作が全身的にできているかに目を向けます。

料金
※特定の症状に関して、料金が異なります。

症状別施術

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで