たけし接骨院のご予約

メニューボタン 閉じるボタン

膝のいたみ・変形性膝関節症

膝のいたみは膝に何かを施してもなおりません、身体全体をなおす必要があります。

膝のいたみの原因は膝以外にある事がほとんどです。

そして歩行をなおす必要があります。

たけし接骨院には来院される患者様の症状の中で一番多いのが膝のいたみ。

・前十字靭帯損傷

・慢性的な膝のいたみ

・レントゲンでは異常なし

・水がたまる

・ヒアルロン注射を打ったがなおらない

・膝が曲がらない、正座ができない

・半月板損傷

・変形性膝関節症

など。

その多くの方が長期間続く痛みで悩まされています。

その中にはいくつかの医療機関へ通ったのにも関わらず、いたみが続いているといわれています。

 

このような事になってしまうのは、本当の原因に対しての処方がされていなかったからです。

 

もし、膝のいたみので膝に何かの施術をされたことがあるなら、それは本当の原因に対してのものではないといってもいいでしょう。

 

なぜなら本当の膝のいたみの原因は膝以外にありるからです。

膝のいたみ・変形性膝関節症に悩まされていませんか?

ズキズキする膝のいたみ、膝がいたくて曲がらない、膝がロッキングして曲がらない、いたくて正座ができない、膝に水が溜まるなど・・・

膝のいたみ・変形性膝関節症で悩まれていることとして多いのは

膝の内側のいたみ

立ったり座ったりするときに膝のお皿のあたりがいたい

しゃがむと膝の裏に詰まったようないたみがある

水がたまる

水を抜いても治らない

ヒアルロン酸注射をしてもなおらない

変形してしまっているからあきらめている

膝が伸びない

膝の後ろにツッパリ感がある

前十字靭帯損傷後OPEをしたからいたみは仕方ない

太ももの外側のハリが気になるなど

があります。

間違った膝のいたみの原因をみなさんは信じています

重い体重が負担だから

立ったり座ったりが多い仕事だから

歩きすぎだから・・・

膝の痛みの原因

膝のいたみの原因としてよく言われているのが重い体重のせい、立ち座りが多いせい、歩きすぎ・・・などかと思います。

 

多くの施術家や医師ですら、膝のいたみを治すために『 体重を減らしなさい 』と患者様に指導をしているくらいですから間違った膝のいたみの原因が一般的になってしまうのも無理はありません。

 

もしこれらが本当の原因だとしたら以下はどう説明できるのでしょうか?

【 軽い体重の人でも膝がいたい人はいる 】

【 立ちすわりが多い人でも膝がいたくない人はいる 】

【 長距離を歩きすぎてもいたくない人がいる 】

この事からも間違った原因と言えます。何をしてもいたみが出ない人は出ないのです。

 

本当の原因はいたみが出てしまう人は出てしまう人の身体の状態や動作にあり、それは人によって違います。

しっかりと検査をして初めてその人の体にどのような原因が潜んでいるのかが分かります。

膝のいたみ・変形性膝関節症の本当の原因

膝周囲の筋肉が機能的に働いていないため、関節本来のスムーズな動きができずに構造物がぶつかり症状を出します。

一つ一つの筋肉は関節を曲げたり伸ばしたりするだけでなく、関節を回旋させたり、関節包を引っ張ったり、関節が動く際に半月板を動かしたり、関節をスムーズに動かすために安定させたりなど、様々な働きを多くの筋肉がシステムで働く事で同時に行なっています。

 

そのなかの一つの筋肉でもうまく機能しないだけで、本来なら関節をひねりながら伸ばしたり、曲げたりすることが必要でもそれができなくなりスムーズな関節運動ができなくなってしまいます。

 

どうして機能しなくなったのか、それはただ単に筋力が低下しているのではなく、その人特有の日常の動作や、偏った動作によって異常な関節アライメントになってしまっている事があげられます。簡単にいうと身体全体をみてスムーズな関節運動ができていない事が一番の原因です。

たけし接骨院の処方は矯正、日常動作指導と運動療法です(動作分析)

機能不全の原因を明確にして、原因に対してアプローチします。

多くの場合、膝に問題がなく他の部位の原因によって膝の動きに関係する筋肉が正しく働かなくなっています。そのせいでスムーズな関節運動ができなくなっているのです。

 

人によっては処方の内容が少し変わってくることがありますが体幹、呼吸、食事、動作改善、股関節、足関節、足部などの機能を改善させる事が重要です。

機能を改善するための動作分析、筋力評価などを行い、その人にあった施術と運動の処方で原因を改善していきます。

病院や整形外科に行く前にたけし整体院に来てほしい理由

整形外科に行く前に来て欲しい

たけし接骨院に来院された患者様がよく言われることは、

病院や整形外科に行ってレントゲンを撮り診断を受け、その画像をみて異常がなければ痛みがあっても画像上は異常なしとされてしまう事です。

画像上は問題がないので、適切な施術は行われません。

もし施術として何かされるとしてもほとんどの場合が湿布薬などの痛み止め、よくてリハビリ室でのマッサージや物理療法(腰や首の牽引、低周波治療、超音波治療など)などの対症療法。

ひどい場合は手術。

 

しかし手術が必要と言われていても必要のない場合がほとんどです。

なぜなら手術が必要と言われたのに、手術をしなくて済んだ方をたくさん見てきたからです。

 

膝の痛みに限らず、腰痛(ヘルニア)、首の痛み、腱鞘炎など様々な痛みの方が来院され手術を勧められたていても実際は、

手術をしなくても済むレベルがほとんどです。

その病院の先生の方針なのか、点数稼ぎなのかはわかりません。でもそう思えてしまうくらい簡単に保存的に治せてしまうような症状までも手術を勧められている事が多々あります。

原因を直せば、その人の自然治癒力で治ります。

原因がなおってていない場合、いくら手術をしても再びいたみが出てしまうでしょう。

まずは原因が何なのかを明確にして、原因を処方することが大切です。

他の医療機関やカイロプラクティックとの違い

整体やカイロプラクティックとの違い

多くのカイロプラクティックや整体で行われている事としてよく聞く事はいたみに対しての施術です。

 

たけし接骨院に通院される患者様には、いたみの原因、メカニズム、体の現状を検査を通じて分かったことを説明していきます。

これは患者様がご自分の身体の状態、いたみのメカニズムや原因について詳しく知っておくことが早い治癒と再発防止につながると考えているからです。

施術をうけてその時は楽になっても、どうしていたみが出てしまったのかを把握していない患者様は、日常生活の中で再び知らないうちにいたみの原因となることを繰り返してしまうでしょう。

 

またその原因が不良な動作にある場合、たけし接骨院では細かくその動作を観察して動作を改善指導する事まで行います。

ほぼ全員と言っていいくらいの患者様が、その指導をうけて自分の身体の原因が改善されることを実感されますし、こんな説明を受けたことがないと言われます。

たけし接骨院の流れ

  • 問診:痛みの部位はどこか、いつから痛いのか、どのような動きでいたみがでるのかなど詳しく聞き取りをしていきます。

  • 検査:動作の確認、筋力評価、全身の身体の状態も検査を行って全身的な状態を把握します。

  • 説明:症状のメカニズム、身体の状態がどういたみに影響しているのか、施術の方法などを詳しく説明していきます。

  • 施術:説明後、初めて施術に入っていきます。施術部位は膝でないことがほとんどです。多くの場合膝以外に原因があります。

  • 検査と説明:施術後、身体がどう改善したかを検査を行い状態のチェックをしていきます。その後も説明を行い今後の方針や日常で気を付ける事などをお伝えしていきます。

  • たけし接骨院院長 水之江

    次回予約:少しでも気になる事、わからない事があればお聞きください。

  • 接骨院向けDVD

    全国の治療家向けに私が考案した検査法のDVDが販売され学ばれています。

     

  • たけし接骨院の掲載本

    名古屋市の治療院の中で当院の治療技術が認められ、掲載されました。

  • たけし接骨院のヘルニアの掲載本

    名古屋市の治療院の中で当院のヘルニア、狭窄症に対する技術が認められました。

  • たけし接骨院の掲載本

    名古屋市の治療院の中で交通事故治療専門技術が認められました。

  • プロアスリートにも選ばれる接骨院

    確かな技術により身体が資本であるプロアスリートからも認められ、足繁く通っていただける接骨院です。名古屋市内外からアスリートが通われています。

    プロ格闘家やスノーボードナショナルチームの選手、中にはオリンピック出場の選手もおり、身体のケア、コンディショニングトレーナーとして帯同することもあります。

  • たけし接骨院予約

    【ご予約方法】

    お氣軽にお電話かWebフォームからご予約ください。

    お急ぎの方はお電話でご予約いただいたほうがスムーズです。

    当日翌日の予約の場合にはご予約が取れないことがほとんどです。
    なるべくお早めにご連絡いただくと、ご希望の日時で予約が取りやすくなっております。

     

    時間外でもWebフォームで、所用時間1分ほどで予約できます。定休日や時間外の時はWebフォームでご予約ください。
    →ご予約Webフォーム

患者様の喜びの声

膝痛小牧市在住 70代女性

数々の接骨院に通院して治らなかった膝の痛みが改善

  • 数々の接骨院に通院され、どう思われましたか?

    満足度:5

    平成28年の秋、左膝を痛めて接骨院に通ったのですが思うように良くならず半年位、二、三軒の接骨院を変えたが痛みは取れるどころかひどくなりビっこをひいて歩くようになりました。家事もこなさなければならず、夫の車椅子の介助をするには無理があり思いあぐねて遠いけどたけし接骨院にかようことにしたのです。
    先生は最初一度膝を触診しただけで痛い患部は全然もみほぐしもしないで
    歩き方の指導とか筋肉の使い方が間違っているのでとか関節の事とかの説明をしながら
    筋肉矯正を始め12回通う事ができれば痛みはとれますと約束しました。毎週一度は必ず通いました。診察予約券の半分位埋まったころにはサッサと歩けるようになりました。
    そして12回には完全に痛みはなく庭の草ひきもフロの掃除も苦もなくしゃがんでやれるようになりこんなうれしいことはありません。接骨院はよくよく選ばなければなりませんね。
    I.N

名古屋市 60代女性

どのようにすれば痛みとか身体のゆがみがよくなるのか具体的に説明してもらえるので納得できます!

  • 当院の治療の満足度とその理由

    満足度:5
    足が痛くて歩けなかったのが短期間で改善されてきています。
  • ご友人を紹介したいと思いますか?またその理由をお聞かせください。

    はい
    どのようにすれば痛みとか身体のゆがみがよくなるのか具体的に説明してもらえるので納得できます!
  • まだここに来たことのない人のために、皆様の喜びの声をお願いします。

    今迄前を通って気になっていて痛みがガマンできず飛び込みましたが、皆様親切に対応頂き安心して通う事ができています。

水之江健志 院長

根本治療は、その場で全身状態の改善が体感できる治療です。局所ではなく全身の改善をいたします。

膝の痛みでここ大須にあるたけし接骨院にはたくさんの患者様が来院されるようになりました。そのほとんどの患者様がたけし接骨院に来院されるまでの間、他の医療機関で治療を受けてこられた方々です。

 

その治療の内容を聞くと膝に溜まった水を毎月病院にいって抜いてもらったり、ヒアルロン酸を注射してもらったりという対症療法ばかり。そうやって対症療法を繰り返したのちに、痛みが改善されない場合はオペを勧められることが殆ど。

根本的に治すにはなぜ膝に水が溜まってしまうのか?

ヒアルロン酸を注射しなくてはならない状況になぜなったのか?

を考えなくてはなりません。

 

膝に水が溜まるのは、それ以上関節を動かさないで!という身体の防御反応です。これらのような事が起こるのは関節がスムーズに動かなくなってしまった関節内で関節の構造物同士がぶつかってしまう形になっている為です。水を溜め関節を腫れさせるのは関節を動かしにくくさせ、これ以上構造物同士がぶつかってこれ以上悪くならないようにという防御反応です。膝に水が溜まったことがある方は膝に水が溜まると屈伸がしづらかった経験があるのではないでしょうか?

 

またヒアルロン注射は関節の滑りを良くしようというもの。これも関節内の構造物同士がこすれあっているところの滑りを良くすれば改善するのではという対症療法の考えから。根本的に治療をするなら、構造物同士が擦れ合わないようにすればいい話です。

 

根本的に治療するとは、なぜ膝に水が溜まったのか?何故そこが擦れ合っているのか?と深く掘り下げ追及し、痛みの原因を明確にして治療するという事です。そうやって原因を改善する事で痛みを除去する事ができますが、痛みは原因が改善しきる前に消失することが殆どです。もし、良い治療院で根本的な治療を受けられていたとしても、痛みがなくなったから治ったと判断し原因が治る前に治療を終了していたら再び痛みが再発するでしょう。

 

原因を改善する事で得られるメリットはその部位の痛みが取れるという事だけにはとどまりません。原因を改善する事は、全身状態を改善する事と同じなので、様々な症状の改善や、スポーツのパーフォーマンス向上にもつながります。

 

痛みをとるという事はスムーズな動き、機能的な動きができる身体に戻すということです。もともと機能的に動けるはずなのに、何かのきっかけで機能的でない動きになってしまっている事が痛みの出現やパフォーマンスの低下につながっている場合、それらの両方が改善されることになります。原因を改善して得られる効果は痛みの除去だけにとどまらず、本来持っている体のポテンシャルを発揮できるようになるといっても過言でもありません。

 

これを読まれているあなたが現在、医療機関で治療を受けているにも関わらず一度の治療で機能の回復(力が入っていない筋肉に力が入るようになる)が体感できないようならそれは根本治療ではないかもしれません。機能不全のある状態で長期間過ごせば、関節の変形にもつながります。早い対応が痛みをとり、変形を防ぐことにもつながります。根本的に治すために膝の痛みでお悩みの方は、まずはたけし接骨院にご連絡ください。

 

料金
※特定の症状に関して、料金が異なります。

7,560円(税込)-> 5,000円(税込)

7,560円(税込)-> 5,000円(税込)

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで