たけし接骨院のご予約

メニューボタン 閉じるボタン

顎関節症

間違った顎関節症の対処法

顎関節に対して何かをする事は的外れ。

たけし接骨院には顎関節症で長年悩んでおられた患者様が多く来院されます。

なぜ長年悩むことになるのか?

それは顎関節症に対する治療が的外れだからです。

 

多くの治療が顎関節付近に対するものばかり。

口腔外科に行きマウスピースを作って経過観察、開口や閉口を改善するための開閉運動を指導されたり等です。

 

どれも顎関節周囲に原因があるという考えからくる処方です。

 

しかし、本当の原因は顎関節にはありません。

 

原因がそこにないのだから、その処方では効果が出るはずがなくズルズルと長引いてしまうのです。

 

的確な処方は一度の治療でもその場で効果を実感することができます。

 

『 まだ始めたばかりだから効果が出ないのです 』は間違いです。

顎関節症の本当の原因

本当の原因の多くは足にあります。

原因は顎にはなく、多くの場合足にあります。

 

私はこれまで20年の臨床の経験で多くの情報を得る事ができました。

様々な症状がありますがその得た情報から、それらはある程度パターンで説明ができるようになりました。

 

顎関節症も同様で、足に問題がある方が殆どであるという所に行きつきます。

 

ですから顎関節症に対する治療は顎を触る事がありません。

顎関節症の症状

開口できない、開口に伴う痛み、クリック音、開口・閉口がスムーズにできない(引っ掛かり感)など

顎関節

顎関節症の症状に悩まされているのは女性が多く、男性にあまり見られません。これは肩こりで悩まされているのが女性に多い事と関係しています。

 

顎関節症は患部のみを診ていても改善せず、全身を診ていく事が必要です。

顎関節症の原因

直接の原因は、顎関節にある関節円板の動きが悪い事です。

なぜ動きが悪くなるのか?それこそが原因です。

顎関節には関節円板という軟部組織があり、これがスムーズな関節運動を助けています。

しかし顎関節症になっている方はこの関節円板が動いてくれていません。これは先ほど症状のところでも記載したように、肩こりになってしまうメカニズムと非常に似ています。

関節円板は顎を開け閉めした際に前後へと動きます。

この動きは関節円板にくっついている筋肉によるものです。

 

この筋肉が正常に働いていない状態の時、スムーズな関節運動を妨げます。

この働いていない筋肉のせいで関節円板が動かない事が顎関節症の直接の原因です。

 

ではなぜその筋肉が働かないのか?

それは顎関節ではなく全身的に診ていく事が必要で、そしてその多くの原因は足にあるのです。

顎関節症の治療

顎関節にある関節円板が動くようにする、これで解決できます。

たけし接骨院の施術

関節円板の働きは顎関節の動きをスムーズにさせる事です。そのためには、関節円板が動かなくてはなりません。それを担っている筋肉が働かなくなっているのには患部以外のところに原因がある為、そこを治療していきます。

ですから顎関節を触るような治療法を行う事はありません。全身的に機能を回復させることが顎関節症の治療になります。

  • たけし接骨院の問診

    問診:症状の把握のため、いつからなのか、身体の他の部分に症状はないかをお聞きします。また開口・閉口具合の視診もここで行います。

  • たけし接骨院の検査

    検査:身体全体を見る事が必要なので、全身のバランスの状態、神経検査、動作確認を行っていきます。

  • たけし接骨院の説明

    説明:検査結果、顎関節症のメカニズム、何が原因となっているか、今後の治療方針を説明していきます。

  • たけし接骨院の施術

    施術:顎関節に対して行う施術はありません、身体全身の施術を行うと自然に開口が改善されている事が実感して頂けるでしょう。

  • たけし接骨院の検査と説明

    説明:施術によってなぜ改善されたのか、今後日常で気を付ける事、リハビリの内容について、今後の治療計画について説明していきます。

  • たけし接骨院 院長 水之江

    次回予約:一度の施術でもかなり改善されたことを実感して頂けますが、長い年月をかけて顎関節症になってしまう身体を作り上げてきています。そうなってしまった体をもとに戻すには時間がかかります、健康な体づくりを一緒に頑張っていきましょう。

たけし接骨院の水之江健志 院長水之江 健志 院長

顎関節症と言えば、口腔外科というイメージがあるかもしれません。でもその前に全身状態は大丈夫ですか?

顎関節症というと、口腔外科に行ったほうがいいですか?とよく聞かれます。症状が顎なのだから口腔外科という発想になるのだと思いますが、顎の関節に不調が出てしまっている原因が顎にあるとは限りません。悪くなってしまった全身状態が原因で顎に症状が出てしまっている事が殆どです。捻挫をしたことがある人では痛みをかばって歩いていたら他の部分が痛くなってきたという経験があるかもしれませんが、それと似ています。
もし顎以外に原因があるとしたら、顎だけを見ていても症状はなかなか取れないばかりか、一生のお付き合いをしなくてはならないかもしれません。そうならない為にも全身状態を見る事は大切になってきます。

料金
※特定の症状に関して、料金が異なります。

7,560円(税込)-> 3,980円(税込)

7,560円(税込)-> 3,980円(税込)

身体の痛み・不調でお悩みの方は、
たけし接骨院へ
身体を健康な状態に戻し、
リバウンドもしないように指導もいたします。
お問い合わせ・ご予約はこちら
  日・祝
8:30
-12:00

16:00
-20:00
-12:00 -13:00

※水曜日は12:00まで、土曜日は13:00まで